リボ払いをし続けて借金が1,100万円になってしまった体験を解説

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

もしリボ払いで副業などの資金を捻出していたとしたら、今すぐやめた方がいいでしょう。

というのも私自身がリボ払いのシステムをよく知らないまま頼り切ってしまい、結果として1,100万円の借金を負うことになってしまったからです。

リボ払いは本当に使いやすく便利な反面、お金に対する危機意識が著しく無くなってしまいます。特に私のようにお金の使い方が適当な人ほどヤバいです。

この記事ではリボ払いで借金が膨れ上がってしまった理由と、リボ払いを上手く使っていける人の特徴について書いて行きます。

タケオ

リボ払いとは?

リボ払いとはどういったものかというと、毎月の支払額を一定の金額にして金利と共に返済していく方法のことを言います。

この方法を使うと、たとえクレジットカードで限度いっぱいの50万円を借りたとしても、月々払って行くのは設定した金額だけになります。

たとえば月々の支払い額を1万円に設定したとしたら、それ以上は支払う必要がありません。

リボ払いは手持ちがない時に非常に便利で、クレジットカードの限度額までだったら自由に使って行くことができます。

ただ、便利な分、手数料率は高く設定されています。

一般的には実質年率15%くらいが相場になっていて、金利15%で10万円の買い物をしたりすると、最初の30日間で発生する金利手数料が1,233円になります。

これは「手数料がたったの1,233円だったら大丈夫!」と思うかもしれませんが、借りる金額が増えれば増えるほど毎月支払わなければならない金額がどんどん増えていってしまうので十分な注意が必要です。

借金が1,100万円まで膨れ上がった理由

私の借金がここまで膨れ上がってしまった理由は「計画的に使わないとリボ払いは破綻する」という大原則を破ってしまったためです。

もちろん先ほどのようにクレジットカードで10万円使って、月々1,233円を返済しておくような使い方だったらまだ良かったのかもしれません。

ただ、私の場合は7社のクレジットカードを限度いっぱいまで使って、月々1万円ずつの計7万円をリボ払いで返すようにしていました。

この時点で返さなければいけない額が500万円以上となっておりかなりヤバかったのですが、更にカードローンや消費者金融にも手を出し、借金が1,100万円を超えました。

月々に返さなければならない額は25万円。副業で行っていたせどりビジネスで月収15~20万円はコンスタントに稼いでいたものの、もうどうにもならなくなってしまいました。

ここまで借金が増えてしまった理由が「仮想通過」と「FX」の大失敗。その補填としてとにかくお金をかき集める必要がありました。

仮想通貨の大暴落は記憶に新しい人も多いのではないでしょうか?

一瞬で何百万もの損失が出たときは生きた心地がしませんでした。「せどりだけを地道にやっておけばよかった」と後悔するものの、すでに時遅しでしたね。

結局、せどりの在庫を全て売ってもどうにもならなくなり、弁護士に相談することになりました。

この時期はかなり精神的にも危険な状態だったので、一人で抱え込んでいたらヤバいことになっていたと思います。

リボ払いを上手く使うポイント

リボ払いを上手く使うポイントは「計画的に使うこと」に尽きます。

リボ払い自体は多くの人に浸透してきていて、日々の買い物で使っていくという行動様式が増えてきています。

ただ、ここでの大きな落とし穴が「クレジットカードの限度額いっぱいまで自由に使えるお金である」と思い込んでしまうことですね。

たとえば店舗に食料品を買いに行った時、なんだかんだで色々買い込んでしまい当初の使用予定額を大幅に越えてしまったとします。

このような場合、支払いを現金で行うとすると「買いすぎた‥」ということに気付いて購入する量を減らしたりすることができます。

ただ、リボ払いの場合は金額が大きくなろうがおかまい無しに、そのまま商品を購入することができます。その結果、徐々に「どんぶり勘定」になっていってしまうわけです。

そして欲しいものをガンガン買っているうちに、ふと気がつくとクレジットカードの借り入れが限度額いっぱいになってしまっていた、という人も多いようです。

私自身、身を以て痛感したのですが、レシートをきちんと取っておいたり家計簿をこまめに付けるなどの管理ができない人は、そもそもリボ払いは使わない方がいいと思います。

逆に言うと、きちんと消費と支出を管理出来る人にとっては、月々の支払いを固定化できるリボ払いは非常にメリットが大きいと思います。

まとめ

この記事では、リボ払いをし続けて借金が1,100万円になってしまった体験と、リボ払いを上手く使っていくポイントについて解説してきました。

自分自身が痛感したのですが、クレジットカードの限度額を「自分が自由に使えるお金」と思ってしまったら最後で、すぐに行くところまで行ってしまいます。

実際、私の借金が山のように積み上がっていくのも「あっという間」でした。

リボ払いを検討している人は、きちんと管理していけるかどうかを確認した上で使用していくことをおすすめします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.