【クラウドワークス】ブログ運営をしていると案件獲得に有利?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

私はクラウドワークスでライター案件を中心にこなしつつ、更新頻度は高くないですがブログの記事も書いています。

最初はクラウドワークスの仕事とブログは完全に切り離して考えていたのですが、クラウドワークス案件に応募する際、ブログ運営もしていることを伝えると採用率が目に見えて良くなりました。

そこでこの記事では、ブログ運営をしていることによってクラウドワークスでの案件獲得にどういったメリットがあったのか、ということについて解説していきます。

タケオ

クラウドワークスでのスキルの証明手段

クラウドワークスで案件を発注しているクライアントは、なるべくスキルの高い人に仕事を任せたいと考えています。

ただ、クラウドワークスでは対面でワーカーと話せる機会はほぼなく、応募文だけで「どれだけ仕事ができそうか?」「真面目にやってくれそうか?」ということを判断していかなければなりません。

そんな中で最も確実にワーカーのスキルを測ることができるのが、下記3点の項目になります。

逆に言うと、この3点の項目が充実していると、クライアントに信用され案件にも採用されやすいということが言えると思います。

案件受注実績

過去にどういった案件をこなしてきたかを見れば、その人のスキルや得意なことが大体分かります。

クラウドワークスでは案件受注実績をすべて見ることができるので、文字通り「丸裸」にされてしまうというわけです。

そのため、自分のブランディングを下げないようにある程度案件を選んでいった方がいいです。

怪しい案件ばかり請けてしまうと、その情報がすべて実績として表示されてしまうため、クライアントによっては敬遠されてしまう可能性があります。

ポートフォリオ

ポートフォリオとはどういうものかというと、実績やスキルなどをまとめた作品集のことを指します。

たとえばプログラマーだったら「自分で構築したシステム」、ライターだったら「自分が運営しているブログ」であったりします。

こういったポートフォリオがあれば信頼性が増すので、案件に採用される可能性が高くなります。

クラウドワークスのライター案件に関してはポートフォリオを提示出来る人が実は少ないので、これがあるとライバルに差を付けることができます。

また、ポートフォリオとまではいかないまでも、過去に執筆した記事を提示することでスキルを示すこともできます。

テストライティング

ライター案件の応募をする際、テストライティングの執筆を指示されることが多くあります。

ここで落とされてしまう人も多く、私も数えきれないくらいの案件で落とされました。こればかりは先方の基準などもあるので仕方ないですね。

ただ、ポートフォリオや過去に執筆した記事を提示したらテストライティングが免除されたこともあったので、こういったものがあったら積極的に提示していった方がいいでしょう。

ちなみにテストライティングを通過するためには、最低限のライティングについての知識が必要になります。

そのため、ライティングの本を一冊読んでおくなどの対策をしておくといいでしょう。

ブログ運営は役に立ったか?

結論から言うと、ブログ運営をすることはとても役にたちました。具体的には下記の2点で効果を実感しました。

案件採用率が上がった

応募文にポートフォリオとしてブログを提示するようになってから、目に見えて案件採用率が上がりました。

もっと具体的に言うと、テストライティング通過率が上がりました。たとえばある案件では下記のような形でテストライティングを通過できました。

 

 

テストライティングで落ちることが少なくなったので、より効率的に案件に取り組むことができるようになりました。

特にライターの場合は、ブログはポートフォリオとして非常に使えると思います。

ライティングスピードが上がった

ブログ運営をすることによって著しくライティングスピードが上がりました。

これはまさに相乗効果で、常にライティングをしているという状況に身を置くことでスキル全般をアップできたと思います。

中でも一番ブログ運営の効果を感じたのが「構成を素早く作ることができるようになった」という点です。

構成を作ることでおおまかな文章の流れと結論を決めてから書き出すことができるので、このこともライティングスピードの向上に一役買っていると思います。

また、単純にタイピングのスピードがとても早くなりました。

まとめ

ここまで、ブログ運営をしているとクラウドワークスでの案件獲得に有利になる、ということについて解説してきました。

前述したようにクラウドワークスでスキルを認められて案件に採用されるには、証拠物を提示していくしかありません。

そんな中で、数十記事を投稿したブログを提示することができれば、ポートフォリオとしてかなり効果的に働いてくれます。

ライティングの仕事をしているとブログの執筆スピードも大幅に上がるので、興味のある人はブログ運営に取り組んでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.