クラウドワークスでできる!月収5万円の稼ぎ方【副業におすすめ】

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

「クラウドワークス」という名前を聞いたことはあるでしょうか?実際にこのサービスを活用してお金を稼いでいる人も多く、おそらく知らない人はほとんどいないと思います。

副業解禁が主流の時代になって「クラウドワークスってどのくらい稼げるのかな?」と気になっている人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、副業としてクラウドワークスで平均月収5万円を稼いでいる私が、初心者でも取り組みやすい仕事を紹介していきたいと思います。

タケオ

クラウドワークスって何?

クラウドワークスとは簡単に言うと「インターネットで様々な依頼者から仕事を請けることができるサービス」です。

依頼者と直接やり取りすると未払いや詐欺などのリスクが発生するところ、クラウドワークスに取引を仲介してもらうことで安心・安全に仕事をすることができるというわけです。

私は2019年4月からクラウドワークスの案件に取り組み始めて、現在では平均月5万円くらい稼ぐことが出来るようになっています。

 

 

こちらの月は企業のプロモーションPVへの撮影案件が入ったため普段より報酬が上がりました。

もちろん最初のうちからガンガン仕事を請けられたわけではありませんが、初心者でも気軽に取り組める案件はたくさんありました。

ここからはノースキルでクラウドワークスを始めたとしてもすぐに取り組むことができる仕事を紹介していきたいと思います。

クラウドワークス初心者におすすめの職種5選

クラウドワークス初心者であれば、まずはこの5つからこなしていくのが良いと思います。それでは一つずつ紹介していきます。

覆面調査(ミステリーショッパー)

覆面調査(ミステリーショッパー)とはどういう仕事かというと、店舗に客として行って接客の質やサービスなどを調査・報告する仕事です。

スキルなどはまったく必要ないので覆面調査の仕事をこなしていくことによってすぐにある程度のお金を稼ぐことができます。

尚、覆面調査案件は応募すれば高確率で採用されるため、実績を作る意味でも非常に良いです。

クラウドワークスの手数料が報酬から引かれるためモニター会社から覆面調査案件を請けるよりは報酬が低くなってしまいがちですが、モニター会社にはない案件も見つけることができたりします。

覆面調査を土台にして副業をやりたいという人はクラウドワークスの覆面調査案件も積極的に請けていきましょう。

ライター

ライターの仕事が最も伸びしろがあるかもしれません。というのもライターの仕事には「文字単価」というものがあって、この文字単価を上げていくことで大きく収入を上げることができるようになるからです。

たとえば、今私が行っているライターの案件が平均して大体1文字1円くらいの単価です。そうなると得意なテーマならば1時間で2000文字くらいは書けるので「時給2000円」になります。

1文字2円の報酬でご依頼いただける企業様もいるので、この場合は時給4000円以上も可能になったりします。

最初のうちはまず1文字0.5円の案件から請けていくといいでしょう。最初は結構ライティングのスピードが遅くて「効率悪すぎ・・」と思うかもしれませんが、続けていくうちにスピードは上がってくるので心配しないでください。

ライターの仕事を効率よくするポイントは「書くテーマを絞る」ということで、私の場合はテーマを3つくらいに絞っています。

そうすることで、前提知識がないテーマに比べると2倍くらいのスピードで執筆することが可能になり、3つのテーマの専門性が高くなっていくため更なる文字単価アップも可能になります。

ただ、詳しくは後述しますが文字単価0.1円の案件は請けない方がいいです。いくらなんでも「買い叩きすぎ」だし、詐欺案件も多いからです。

データ入力

データ入力も特に専門知識が必要ではないので初心者におすすめの仕事です。案件内容としては、「個人情報(名刺等)の打ち込み」や「ネットショップの商品登録」などですね。

案件報酬がライターと比べると大分落ちるのがデメリットですが、継続依頼が多いため単発ではなく長く続けていくことができます。また、タイピングのスピードが上がればより効率的に案件をこなすことが可能になります。

ちなみに私の妻はデータ入力の会社に派遣社員として勤めていて月収6万円くらいもらっているので、クラウドワークスでも腰を据えて取り組めば月3万円以上は稼げるのではないかと思います。

アンケートモニター

アンケートモニターはタスク形式(つまり単発)の仕事が多く案件単価も低いため、正直稼げても月数千円といったところでしょう。

ただハードルはものすごく低いので、クラウドワークスのシステムや依頼主とのやり取りに慣れるという意味でも取り組む価値があります。

アンケートモニターはクラウドワークスで稼ぐ上でメインになる職種ではないので、アンケートで稼ぎたいという場合はリサーチパネルなどのアンケートサイトに登録して多くの案件をこなしていくといいでしょう。

撮影出演

この案件は確かにノースキルでもできるのですが、一つ大きなデメリットがあります。それはほとんど募集されないということです。

そのため「撮影 出演」などのキーワードで定期的に新規案件が出ていないか調べるようにすると良いでしょう。

ちなみに私が請けた案件は「企業のプロモーションPVに出演」というものでした。具体的には営業部マネージャーの役でインタビューに答えるというものです。

カンペもあったので撮影自体は40分くらいで終了。色々な撮影機材に囲まれてかなり楽しかったです。それで報酬は2万5千円お宝案件ですね。

この案件は「動画 出演」のキーワードでクラウドワークス案件をリサーチしていた時にたまたま見つけて応募。案の定、30分くらいで募集枠が埋まっていました。

サラリーマンがクラウドワークスで月5万円を安定的に稼ぐ方法

「副業で月5万円稼ぐ」というと色々な印象を持つ人がいると思います。「それだけ稼げたらありがたい」と思う人もいれば「たったそれだけしか稼げないのか」と思う人もいるでしょう。

ただ、アルバイトをして月5万円稼ごうとすると、時給1000円としたら50時間拘束されることになります。そのことを考えると、在宅でスキマ時間に仕事をして月5万円稼げるのは非常にコスパがいいと思います。

ここからはクラウドワークスで月5万円を稼ぐための3つポイントについて解説していきます。

常時3つの案件を持っておく

クラウドワークスで仕事を請ける時にやってしまいがちなのが、1案件ずつ請けるということです。一つ一つの案件には納期があるため、もちろん慎重を期すという意味ではいいのですが、それだと案件と案件の間に時間のロスが発生してしまいます。

たとえばライター案件の場合、最初にテスト記事を書いて合格したら採用というものが多いです。そのため、「テスト記事執筆→合格→記事執筆→案件終了→テスト記事執筆・・・」のようにやってしまうと時間がいくらあっても足りないです。

だから案件を請ける場合は、3つくらいを同時並行で行っていくと最小限のロスで作業をこなせるようになります。

もちろんこれは私の体感なのですが、2つでも4つでも自分にとって管理しやすい案件数を常時こなすようにしていくといいと思います。

詳しいテーマを3つ作っておく

詳しいテーマを作っておくことによって案件処理のスピードを格段に上げることができます。ただ、1つのテーマしかできないと頭打ちが来るため、3つくらいの得意テーマを持っておくと良いでしょう。

たとえば「副業」のテーマに詳しいとしたら、副業についての記事執筆をやったり、副業についてのアンケートをやったりと様々な職種に応用できます。

専門性の高さをアピールすれば高単価案件にも挑戦できるので、これは是非やっておいていただきたいと思います。

キーワードで案件検索する

新着案件をリサーチする際、多くの人が案件全体で検索をかけていると思います。ただそれだと自分にとってどうでもいい案件も目に入ってくるため正直疲れるでしょう。

そのため、自分が決めたキーワードを入力して新着案件をリサーチしていくのがおすすめです。たとえば、「せどり」と入力して検索すると、せどりに関する記事執筆の案件やせどりについてのアンケート案件などがヒットします。

こうすることで自分が請けたい案件をピンポイントで見つけることができるので、効率よく稼いでいくことが可能になります。

クラウドワークスに取り組む上での注意点

クラウドワークスに取り組む上で注意して欲しいのは「低単価の案件」です。たとえばライターなら、文字単価0.1円とかの案件ですね。

クラウドワークスを始めたての人は自信がないため、こういった案件に応募してしまうことが多いのですが、絶対に続きません。

10000文字書いて1000円とかですから、時給100円です。こんなもの続くはずがないですよね。

恥ずかしながら私も最初は自信がなかったため、こういった案件をやって絶望を味わいました。何も得はないので本当にやめておきましょう。

また、低単価の案件では詐欺行為が行われることも多く、知らず知らずの間に詐欺行為に加担させられていたといった事例もあるようですので、十分に気をつけていただきたいと思います。

まとめ

ここまでクラウドワークスで月3万円稼ぎ続ける方法について解説してきました。クラウドワークスは実績がプロフィール画面にしっかりと表示されるので、仕事に取り組めば取り組むほど信用が上がり仕事が増えていきます。

私自身はクラウドワークスで月5万円、リサーチ会社の覆面調査員として月1万円を稼いでいて、平均月6万円を副業収入で得ています。

クラウドワークスも最初はあまり稼げませんでしたが、受注実績が10を超えたくらいからポツポツと案件依頼が入り始め、受注実績が50を超えた今では自分で案件を探さなくてもある程度回すことができるようになりました。

 

 

初心者であってもできる仕事はたくさんあるので、クラウドワークスで無理なく副収入を得たいという人は是非参考にしていただけたらと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.