【超面倒くさい】クラウドワークス初心者の募集に応募してはいけない

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

クラウドワークスの仕事に取り組んでいると、よく「クラウドワークスで初募集してみた」のような案件を見かけることがあります。

こういった案件は基本的に応募者が少なくチャンスと思われるかもしれませんが、正直リスクは大きいです。

実際に私も複数のこういった案件を請けましたが、本当にひどい目に遭いました。

この記事では、クラウドワークス初心者の募集に応募しない方がいい理由と、ではどのような募集だったら初心者案件でも安心して請けられるのか解説していきます。

タケオ

なぜクラウドワークス初心者の募集に応募しない方がいいのか?

ここからは、なぜクラウドワークス初心者の募集に応募しない方がいいのか、ということについて解説していきます。

ちなみにこの記事での初心者というのは評価が5個以下しか溜まっていない依頼者のことを指します。

プロ意識がない人が多い

クラウドワークス初心者で案件の募集をしている人は、独りよがりな人が多いように感じます。

たとえば私が仕事を請けた依頼者の場合だと、そもそも何をしたいのかがよく分かっていない人が非常に多かったです。

そして「何を目標にするのか」ということも一緒に決めてほしいと言われました。

当時は私もライター案件を請け始めたばかりだったので何とか付き合おうとしましたが、話が平行線でなかなか業務に入れない。

そしてようやく業務に入れたと思ったら修正依頼の嵐。どういう点が悪かったのか分かれば一回で修正できたと思うのですが、言っていることが全く要領を得ませんでした。

結局何とか案件が完了して「継続して執筆してほしい」と言われましたが丁重にお断りしました。結局、時給にすると300円くらいだったでしょうか‥

これは特殊な例だと思いましたが、その後も同じような依頼者に何人か当たったので、やはり依頼者もプロ意識がある人を選ばなければ駄目だと感じました。

ルール無視

基本的にはクラウドワークスで取引をする場合、踏まなければならない手続きがあります。

たとえばどういうものかというと、案件の応募者は依頼者の仮払いが完了しないと仕事に取りかかってはいけないんですね。

これは案件の応募者を守るためのルールで、これをしないと仕事をさせるだけさせられて報酬を払わずに逃げられてしまう可能性が出てきてしまいます。

ただ、これは私にも非があると思うのですが、クラウドワークスのルールもよく分かっていなそうな依頼者に「コメントのやり取りで仕事を進めていきましょう」と言われ、仮払いを待つことなく仕事に取りかかってしまいました。

結局、成果物を納品しても中々了承してもらえず「これでは受け取れません」と言われて終わりました。もちろん報酬はゼロ。

運営に言えば対処はしてくれたと思うのですが、あまりにも疲弊してしまいそんな気もおきず、結局泣き寝入りする形になりました。

とにかく面倒くさい人がいる

最初の依頼だから気合いが入ってしまっているのか、とにかく色々と口出ししてくる人も多いです。

もちろん色々と言ってもらえるのはいいのですが、問題は「最初に提示していない前提」を執筆の途中くらいにどんどん投げ込んでくること。

「そういえば◯◯は〜」のような感じですね。

その度に文章を書き直さなければいけなかったので非常に面倒くさかったです。

逆にちゃんとしている依頼者だったら、ライターに無駄な作業をさせないために「前提条件をきちんと明示しておく」などの対応をしていることが多いです。

クラウドワークス初心者でも安心して依頼を請けられるパターン

ではここからは、クラウドワークス初心者の募集であっても安心して依頼を請けられるパターンについて解説していきます。

明らかにプロの場合

明らかに企業の担当者が募集をしているような案件だったら、たとえ評価の数が少なくても安心して仕事を請けることができます。

これは依頼者のプロフィールを見ることである程度判断することができます。

逆にクラウドワークスでの評価が少ない企業の場合、継続して依頼してもらえる可能性が高いので積極的に応募してみるのがいいでしょう。

きちんとルールが決められている場合

最初からきちんとルールが決められている場合も、しっかりとした依頼者であることが多いので安心して案件を請けることができます。

これは案件の募集文を見れば一目瞭然で、「結局どうすればいいの?」と突っ込みどころ満載の募集文を書いている人もいれば、仕事を進める手順やルールがきちんと明記されている人もいます。

こういった依頼者の人も継続的に案件を依頼してくれる場合が多いので、たとえ評価が少なかったとしても応募していく価値があります。

まとめ

ここまで、クラウドワークス初心者の募集に応募してはいけない理由について解説してきました。

ただ前述したように、逆にクラウドワークス初心者の案件を狙っていった方がメリットが大きい場合もあるので、こういった案件を見つけたら積極的に応募してみるといいでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.