【クラウドワークス】嫌なクライアントを避けてコスパよく稼いでいくポイント

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

クラウドワークスで仕事を請けた時に、クライアントによく分からない要求をされたり、嫌なことを言われたりする人は少なくないと思います。

 

実際に私もライター案件の執筆が終わり案件が終了したにも関わらず、後からメッセージで「思ったよりクオリティが低い」と言われ、何度も追加修正をさせられたことがありました。

 

当時は副業ライターを始めたばかりだったということもあって応じましたが、今にして思うと「低い報酬でずいぶん精神と時間を削られたな・・」と思います。

 

そこでここからは、クラウドワークスで嫌なクライアントを避けてコスパよく稼いでいくためのポイントについて解説していきます。

タケオ

 

危険!すぐに離れた方がいいクライアントの特徴は?

クラウドワークスではいわゆる「ハズレ」のクライアントが多く存在します。

 

こういった人達の案件を請けてしまうと精神が削られてしまい、せっかく始めた副業をフェードアウトしてしまうということにもなりかねません。

 

すぐに離れた方がいいクライアントの特徴として下記の3点が挙げられます。

 

  • 初心者のみを募集している
  • レギュレーションが桁違いに細かい
  • 受け答えがぞんざい

 

初心者のみを募集している

 

クラウドワークスで案件を依頼する場合、基本的には経験者を採用したいはずです。これは当然ですが、未経験者よりは経験者の方がクオリティが高い場合が多いからですね。

 

ただ、にも関わらず初心者に絞って募集をかけているクライアントが存在します。これは決して慈善事業ではなく、何か目的があると考えるべきでしょう。

 

こういったクライアントの多くは甘い言葉で初心者を集め、とんでもなく低い報酬で文章などを執筆させてきたりします。

 

クラウドワークスの案件を見ていると「10000文字で1500円」というものがいまだに存在しています。

 

そうなると時給換算して数百円ということになってきてしまうので、いくらやっても報われないことになります。

 

レギュレーションが桁違いに細かい

 

「こんなの誰が読むんだ・・」というくらいに細かいレギュレーションを指定してくるクライアントの場合、全く読む側のことを考えていないことが多いです。

 

そして経験上、差戻しもかなり多く、やっかいなクライアントである場合が多いです。

 

このような案件を請けてしまった場合、法律の条文並みに細かいレギュレーションを読まされた挙句、簡単に契約を中断されてしまったことが何度もあったので注意が必要です。

 

受け答えがぞんざい

 

受け答えがぞんざいなクライアントの案件を請けてしまうと、やり取りそのものがストレスになるため避けた方がいいでしょう。

 

こういったクライアントの場合、基本的には「クラウドワーカーは使い捨て」という思考が見え隠れするので、関わるだけ損です。

 

「社会人としてこの受け答えはないな・・」と感じたら、即離れるようにしておきましょう。

 

良いクライアントと仕事をするポイントは?

では、クラウドワークスで良いクライアントと仕事をしていくためにはどういった点に気を付けていけばいいのでしょうか?

 

そのポイントとしては下記の3点が挙げられます。

 

  • 案件の募集人数が少ない
  • クライアントの評価が高い
  • 専門性が高い

 

案件の募集人数が少ない

 

大量募集をしているような案件の場合、一人一人をケアしていく余裕がない場合が多いので、応募者はぞんざいに扱われる可能性が高くなります。

 

ただ、そもそも案件の募集人数が少ない場合、採用した人に対してはきちんとケアしていく可能性が高くなると言えます。

 

中には募集人数が少ないのをデメリットと感じて、大量募集の案件だけに応募している人もいますが、今後長期的に仕事をしていきたいと思うのならば募集人数が少ない案件にも応募していくといいでしょう。

 

クライアントの評価が高い

 

クライアントの評価が高いということは、それだけ採用者と良好な関係が築けている可能性が高いです。

 

逆に評価ゼロのクライアントの場合、クラウドワークスのルールなどがよく分かっていない場合が多く、やり取りが面倒になる可能性があるので避けておいた方が無難です。

 

専門性が高い

 

専門性な知識が必要になる案件の場合、なかなか案件に応募してくる人が少ないので、選考段階から丁寧に対応してくれる場合が多いです。

 

また、継続的に仕事をしていくことにもつながりやすいので、まずは一つのジャンルで実績を積んでいくのも手です。

 

といってもその実績を作るのに何ヶ月もかける必要はなく、そのジャンルで5案件ほど取り組むことができれば十分に知識を付けることができるでしょう。

 

まとめ

ここまで、嫌なクライアントを避けてコスパよく稼いでいくポイントについて解説してきました。

 

クラウドワークスでの副業は途中で挫折してしまう人も多く、なかなか安定して稼いでいくことは難しいと言えます。

 

安定してクラウドワークスで稼いでいくためには「何でも仕事を請ける」という視点だけではなくて「良いクライアントを見つける」という視点も必要になってきます。

 

クラウドワークスでなかなかいいクライアントと巡り会えないという人は参考にしてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.