【自宅近くで保険相談が可能】地方在住の人におすすめの覆面調査

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

覆面調査(ミステリーショッパー)とは何かというと、客として店舗に行き、店員の接客やサービスを調査して報告するという仕事です。

ただ、実は覆面調査で行く先は大都市である場合が圧倒的に多いです。たとえば、覆面調査案件には「サロン来店調査」「セミナー聴講」などがありますが、地方での開催はほとんどありません。

もちろん「資料請求調査」の案件などは資料を取り寄せてその後の対応を調査するものなので在宅でも可能ですが、簡単な分報酬が低くなってしまいます。

そこでこの記事では、大都市に行かなくても高報酬が得られる「保険相談」の覆面調査を紹介していきたいと思います。

タケオ

保険相談の覆面調査とは

保険相談の覆面調査とはどのようなものなのかというと、保険の見直しや検討という形で保険会社に面談をお願いして、面談してくれるファイナンシャルプランナーの接客や提案についての感想を報告するというものです。

相談の時間は大体1時間ほどですが、個人相談になるので相手の方によっては1時間30分くらいになることもあります。

また、相談の場所についてですが、自宅や最寄りのレストランなどをこちらで指定できる場合が多いです。断るの前提なので自宅は微妙ですが、最寄りのレストランや喫茶店で相談してもらうことによって、交通費をかけずに案件に取り組むことが可能です。

報酬は3500~4500円くらいもらえるので、時給換算するとかなりおいしい案件と言っていいでしょう。

保険相談調査のメリットとデメリット

それではここからは保険相談調査のメリットとデメリットについて、それぞれ解説していきます。

メリット

高報酬が得られる

繰り返しになりますが、保険相談調査案件は報酬が高いです。しかも案件がたくさんあるため、集中して取り組んでいくことによって短期間で一気に収入を増やすことが可能です。

アルバイトの場合は時給1000円として3時間拘束される所、話を聞くだけで時給3500円がゲットできるのでかなりおすすめの覆面調査案件と言えます。

まとめて案件が請けられる

実はこれが保険相談調査案件で一番のメリットかもしれません。保険相談はこちらの指定した場所にファイナンシャルプランナーの人が来て面談してくれることが多いので、まとめて案件を請けることができます。

私の場合は近場のココスで「10:00スタート」「12:00スタート」「14:00スタート」の形で3案件を一気に入れました。

そうすると自分はドリンクバーを飲みながら待っていて、先方が時間になったら来てくれるという形になり相当楽です。面談と面談の間はパソコンで色々な作業ができますし。

このように半日で1万円以上の報酬がもらえるので、保険相談調査案件は実はかなりコスパが高いです。地方在住であっても取り組めるので、おすすめの案件と言えます。

ライバルが少ない

保険相談調査はあまり取り組む人がいないので、案件に応募すればある程度仕事を請けることができます。案件数も多いので慣れてしまえば機械的にサクサクこなせるようになります。

デメリット

他の案件と比べて面倒くさい

保険相談調査のデメリットとして、他の案件と比べて面倒くさいという点が挙げられます。というのも、基本的には「個別面談」なので、断る際に結構粘られたりするんですね。

たとえば過去、「他にいい保険が見つかったので・・」と言って断ろうとしたら、「どういった保険ですか?」「また再見積もりします」というようにひたすら言われ続けました。

基本的に保険相談まで行くということはかなりの見込み客と思われているので、相手も「逃すまい」と必死なんですよね。

そのため、「相手が何も言えない断り文句」を持っていないと結構手こずると思います。これについては後で解説します。

飽きてくる

これは仕方がないことなのですが、同じような説明を何度も受けるので飽きてしまうというデメリットがあります。

もちろんこちらの話を聞いてくれて会話のキャッチボールができる人ならいいのですが、中にはひたすら喋ってくるひともいるので、その場合は眠気との戦いが必要です。

ある程度興味を持っておかないと、人によっては耐えられない案件ということも言えるかもしれません。

飲食代が必要になる

保険相談調査案件で自宅まで来てもらう、という人はあまりいないと思います。「自宅まで来てもらった」という心理的負荷もかかるので、やめておいた方が賢明です。

そのため、喫茶店とかファミリーレストランを面談の場所に選ぶ人が多いと思うのですが、その場合にかかってくる飲食代がばかになりません。

保険相談の場合は基本的に飲食代は自腹になるので、余計な出費をしたくないという人はドリンクバー等で我慢しましょう。

実際に私が1日3案件を受けた時、ちょこちょこ料理を頼みつつという感じでファミリーレストランにいたら結果として3000円くらいの出費になってしまいました。

保険相談調査案件の探し方

保険相談調査案件を請けるためには下記のどちらかの方法を取ることがおすすめです。

クラウドワークスの案件に応募

クラウドワークスで「覆面調査」と検索すると様々な案件を見つけることができます。その中から、保険相談案件を選択していけばオーケーです。

クラウドワークスでは依頼主との取引を仲介してくれるので安心して案件を請けることが可能です。

取引実績がなかったとしても覆面調査案件ならば採用されやすいので、積極的にチャレンジしていくといいでしょう。

リサーチ会社の募集に応募

リサーチ会社の覆面調査員募集に応募するという方法もあります。案件数がかなり多く、保険相談調査の案件も大量に請けることが可能です。

また、自分で探さなくても覆面調査案件を定期的に紹介してくれるので、その点メリットが大きいと思います。

【裏ワザ】保険相談の最もスムーズな断り方

保険相談調査をする際に最もスムーズな断り方を解説します。それは「友人に紹介されたファイナンシャルプランナーの方に相談させて頂くことになりました」です。

これを言われると返す言葉もないと思います。ちなみにこの断り方をして食い下がられたことは一度としてありません。

また、断りを入れるタイミングですが、面談をしてから1週間後くらいがいいでしょう。次回のアポイントを入れないと承認されない場合が多いので、面談時に次回のアポを2週間後くらいに入れます。

あまりに断るのが早過ぎると覆面調査だとばれるリスクが高くなるし、あまりに断るのが遅いと相手が食い下がってくる可能性が高くなります。

だからタイミングとしては初回面談と2回目面談の間くらいに断りを入れるのがベストです。

まとめ

ここまで保険相談調査ではどのような仕事をするのか、ということについて解説してきました。確かに案件の内容などを見ると「断るの面倒くさそう」となるかもしれません。

ただ、実はそこまで面倒くさくなく、テンプレートでこなしていくことが可能です。逆にやろうとする人が少なくチャンスなので、覆面調査で稼ぎたいという人は是非取り組んで頂きたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.