クラウドワークスのライター案件にいくら応募しても落ちる場合の対策

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

「クラウドワークスのライター案件に応募してみて、あまりにも落とされ続けて嫌になってやめてしまった」という人の話を聞いたことがあります。

実際にライターとしてクラウドワークスで仕事を請けている私にもその気持ちはよく分かります。

というのも、ライター案件の場合、テストライティングをして採用可否を決めることが多く、ライティングに必死に取り組んだ分だけ落ちてしまった時の落胆が大きいんですよね。

そこでこの記事では、クラウドワークスでライター案件にいくら応募しても落ちてしまう場合の対策について解説していきます。

タケオ

ライター案件で落ちる原因3選

では、そもそもクラウドワークスのライター案件で不採用になってしまう原因はなんでしょうか?ここではライター案件で落ちる3つの原因について説明します。

実績で落とされる

プロフィールや応募文を見て、それなりの実績を提示できていない場合は不採用の確率が高くなります。

というのも、クライアントが求めているのは「きちんと仕事を完結させてくれるワーカー」であって、途中辞退されてしまったりクオリティの低い記事を納品されても困ってしまうからです。

特に文字単価1円以上の案件の場合、実績がないと採用されるのは難しいでしょう。

ただ、経験上そこまで凄まじい実績が必要なわけではなく、数十件のライター案件をこなしていくと徐々に採用されるようになってきます。

文字単価の低い案件であれば実績があまり無くても採用してくれるので、まずはここからスタートしていくといいでしょう。

テストライティングで落とされる

テストライティングをして落とされてしまう場合もあります。ただ正直、この部分に関してはクライアントの好みの文章を書けるかということも重要になってくると思います。

しかし、そんなことは事前に分からないので、ワーカー側としたらとにかくライティングの基本を忠実にこなしていくしかありません。

テストライティングの場合は3,000文字くらい執筆して、報酬が500円くらいの時もあるので精神的にきついかもしれませんが、ライティングの練習だと思って乗り切りましょう。

また、ブログなどのポートフォリオを持っているとテストライティングが免除される場合もあるので、簡易的なものでも作っておくと後々便利になります。

メッセージ対応で落とされる

クライアント側からしたら、大量の応募者から採用する人を選別していかなければならないため、メッセージのやり取りの段階で落とされてしまう場合があります。

これはもちろんメッセージの書き方が社会人として失格という場合もありますが、「レスポンスが遅い」という理由で切られてしまう場合もあります。

たとえば私の場合、クライアントからメッセージが来て1日後に返信したら、もう返事がありませんでした。こういったことは割とあるあるだったりします。

そのため、メッセージの書き方はもちろんですが、レスポンスに関しても半日以内には返すようにした方がいいでしょう。

クラウドワークスで必要なマインドセット

クラウドワークスを使ってライター案件を継続していくためには、マインドセットを行っていくことが重要です。

ただ、そんなに難しいことではなく、下記の3点を心がけておけば十分です。

クラウドワークスで採用される確率

クラウドワークスで案件に採用される確率は決して高くはありません。私の場合は5案件に応募して1案件採用されたらラッキーという感じです。

初心者の場合は応募した案件に落とされるたびにダメージを受けていましたが、今では無感情でどんどん次の案件に応募していくようになりました。

案件をこなしていくうちに実績ができ、採用確率は徐々に上がっていくので「そもそも採用される方が珍しい」と気楽に構えていった方がいいでしょう。

色々な基準を持ったクライアントがいる

クライアントが求めていることは様々です。基本に忠実な堅い文章を望んでいる場合もあれば、くだけた感じのユーモアあふれる文章を望んでいる場合もあります。

しかし、案件の度にクライアントの嗜好に合わせていても意味がありません。

もちろんプロライターの場合はそうするのが当然なのかもしれませんが、副業ライターでそんなことをしている時間はありません。

そのため、クラウドワークスでライター案件を継続的に続けていくために、ある程度自分の軸を定めておく必要があります。

とはいえ、基本的なライティング知識は必須なので、大前提として学んでおいた方がいいです。

スペシャリストが求められる

クラウドワークスでクライアントが求めているのはスペシャリストです。これは当然ですよね。

案件を募集する上で「ノースキルでも全然いい」という場合は、その分、文字単価が低く設定されていることがほとんどです。

そのため、ライター案件をこなしていく上で、色々な案件にまんべんなく取り組むより、ジャンルを絞って取り組んだ方が高報酬につながりやすいです。

クラウドワークスのライター案件に採用されるポイント

クラウドワークスのライター案件に採用されるポイントは3つあります。それは「ライティング技術の基礎を押さえる」「実績を作る」「専門分野を作る」ということです。

この3つをこなしていくことができれば、いくら応募しても落とされ続けるということはなくなるでしょう。

また、文字単価も上げていくことができるので、より少ない労力で効率的に稼いでいくことができるようになります。

まとめ

ここまで、クラウドワークスでライター案件にいくら応募しても落とされ続ける場合の対策について解説してきました。

ライターという仕事は「気軽にすることができる」と考えている人が多いので、最初のうちはライバルも多く採用されること自体が難しいと思います。

ただ、適切な努力を続けていくことによって徐々に周りと差別化ができるようになり、ライターとして収入を上げていくことが可能になります。

これからライターとして稼いでいきたいという人は是非参考にしていただけたらと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.