【クラウドワークス】注意!こんなテストライティングは受けない方がいい!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

クラウドワークスでライターの仕事をする場合、テストライティングがある場合も少なくないと思います。

 

ただ、実はこのテストライティングには深い闇があったりするので、受けるとドツボにハマってしまう案件も存在します。

 

そこでここからは、受ける必要がない、というより受けない方がいいテストライティングについて解説していきます。

タケオ

 

テストライティングとは?

テストライティングというのは、いわゆるライターの実力を測るテストのようなものです。

 

これをすることでクライアントとしてはライターを採用しても大丈夫かどうか判断することが可能となります。

 

始めはライターの実力なんて分からないわけですから、いたって合理的な方法ですよね。

 

そしてこういったテストライティングで実力を認められたら、ライターとして採用されるということになります。

 

こんなテストライティングは受けない方がいい!

テストライティングを受けるのはいたって普通のことなのですが、下記のようなテストライティングをさせてくるクライアントは要注意です。

 

  • 100円で3000文字とか要求してくる
  • テストライティングなのに何度も修正を要求してくる
  • 契約せずにメッセージですまそうとする

 

ではそれぞれ説明していきます。

 

100円で3000文字とか要求してくる

 

これは実は結構あることだったりします。「テストライティングに金なんてかけられない」というクライアントの思いもあるのでしょう。

 

実際に私もこういったテストライティングは何度も受けてきました。

 

そして結論としては、めちゃめちゃコスパ悪いです。

 

そもそもクラウドワークスで長期的に案件を請けられることなんてそんなにありません。

 

それは、クライアントが途中で関係を打ち切ってくることもあれば、そのクライアントの案件を請けるのが嫌になってライター側から関係を終了させることもあります。

 

そしてこういったテストライティング料金を設定してくるクライアントとの関係は「早々に終了した」というのが私の実感です。

 

今でも関係が続いているクライアントの場合、確かに最初はテストライティングがありましたが、4000文字で3000円という内容でした。

 

完全に私見にはなってしまいますが、テストライティングを安くすまそうと考えているクライアントは、ライターのことを駒としか考えていない人が多かったように思います。

 

テストライティングなのに何度も修正を要求してくる

 

これはいわゆる「面倒くさいクライアント」です。

 

まだ採用したわけでもないのに何度もやり直しをさせた上に、最後は「不採用でポイ捨て」するようなクライアントがクラウドワークスには確かに存在します。

 

このようなクライアントの場合、採用されたとしても要求がエスカレートしてきたりして面倒なことになるので、案件自体請けない方がいいでしょう。

 

特に副業ライターをする場合は「時給1,000円」を超えないとコスパが悪いので、変なクライアントに引っかかって時間を無駄にしないようにしましょう。

 

契約せずにメッセージですまそうとする

 

これは最悪で「テストライティングを無報酬で済まそうとするクライアント」を指します。

 

募集文には記載されていないのにメッセージでいきなりテストライティングのことを言ってきたら要注意です。

 

私のクラウドワークス始めたての頃の苦い思い出ですが、メッセージでテストライティングのことを言われて資料まで買って執筆したのに、そのまま音信不通になってしまったことがありました。

 

どうすればまともなテストライティングが受けられる?

前述した「受けない方がいいテストライティング」ですが、こういったものは大量募集をしている案件に多いです。

 

つまり、多くの人をふるいにかける必要がある場合ですね。

 

こういった案件では「優秀なライター」というよりは「問題が少ないライター」をかき集めることを目的にしているので、ライターへの対応がおざなりになってしまうことも多いということです。

 

その結果、どんどんライターがやめていって、また大量募集という「負のスパイラル」に入っていくわけですね。

 

そのため、まともなテストライティングを受けて安定して案件を請けていきたい場合、下記の点をクリアしている案件に応募していくといいでしょう。

 

  • 採用人数が少ない
  • ジャンルが決まっている
  • クライアントの評価が高い

 

採用人数が少ない

 

採用人数が少ない場合、テストライティングであってもしっかりと報酬を出す場合が多いです。

 

というのも、そもそもテストライティングの前に人数を絞り込んでいることが多いからですね。

 

この場合はクラウドワーカーのプロフィールをしっかりとチェックしているパターンが多いので、「テストライティングを受けられる=採用」となっていることが少なくありません。

 

また、採用後も担当者としっかりやり取りしながら仕事を進めていけるので、採用人数が少ない方が安定して仕事を続けていける可能性が高いと言えます。

 

ジャンルが決まっている

 

執筆ジャンルが決まっている場合も、テストライティングの報酬をしっかり出すクライアントが多い傾向にあります。

 

これはそもそもジャンルを狭めておくことで、そのジャンル専門のライターが集まりやすいからです。

 

クラウドワークスでは専門知識を持ったライターがいるようでいないので、テストライティングであってもそれなりの報酬を出すことが多いです。

 

クライアントの評価が高い

 

これは当然の話ですが、ライターからの評価を得ているクライアントの場合、それだけ報酬面でも管理面でもしっかりしていることが多いです。

 

こういったクライアントであったらそこまでひどく扱われることは少ないので、案件に応募する際にはチェックしておくといいでしょう。

 

まとめ

ここまで、クラウドワークスでテストライティングを受ける際の注意点について解説してきました。

 

クラウドワークスはワーカーが非常に多く、特にライティング案件に集まりやすい傾向があるので、ワーカーを雑に扱うクライアントも多いです。

 

ただ、そのようなクライアントの案件を請けたところで長期的な関係を築くことは難しいでしょう。

 

是非この記事を参考にして長期的に付き合えるようなクライアントを見つけていただけたらと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.