【実体験】個人再生をすると家族にバレるのは本当?対処法は?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

個人再生をすると家族にバレてしまうというのはよく聞く話で、私も弁護士の方に「バレないように注意を払って手続きを進めることはできますが保証はできません」と言われました。

ただ、家族にはバレないように注意をしていたのですが、あることをきっかけにあっさりと家族に借金をしていることがバレてしまいました。

この記事では、どのようなことから家族バレしてしまうのかということと、実際バレた時に家庭崩壊しないために取った対処について解説していきます。

タケオ

個人再生とは?

個人再生とはどういうものかというと、裁判所に再生計画の認可決定を受けて、借金を大幅に減額してもらう手続きのことを言います。

私自身もこの手続きをすることによって1,100万円の借金を300万円程度に減額してもらい、3年かけて支払う形になっています。

借金がもうどうしようもなくなってしまった場合に取れる方法として「自己破産」と「個人再生」があるわけですが、自己破産は借金がすべて無くなるわけなので「こちらを選ぶ方がメリットが大きい」と思うかもしれません。

ただ、自己破産をする場合、家庭が崩壊する可能性が著しく高くなります。なぜかというと自己破産では「自宅が売り払われるから」です。

普通に考えて、夫が借金を山ほど作って自宅が売られるとなると、それを笑って許してくれる妻は存在しないでしょう。それどころか精神状態がおかしくなってしまう人も少なくないそうです。

一方、自己破産に対して個人再生では、借金がすべて無くなるわけではないものの、自宅はそのまま残ることになります。

その場合、もし家族に借金が知られてしまったとしても、なんとか家庭崩壊を免れる可能性が高いです。

つまり、これまで築き上げてきた家庭を守りたいのであれば、取るべき手段は個人再生一択になるわけです。

ちなみに家庭を持っていない人は自己破産を選択した方が、再スタートができる時期は早くなると思います。

個人再生をしたことがなぜ家族にバレる?

では、個人再生をしたことが家族にバレるのはどういったパターンが多いのかを解説していきます。

給与明細を見せてもらう時にバレる

個人再生手続きをする際、同居の配偶者に収入がある場合は給与明細2ヶ月分の提出を求められるケースが多くなっています。

そうなると、極めて不自然な行動である「妻に給与明細を見せてもらう」という行為をしなければならなくなり、不審に思った妻に問いつめられて白状するというパターンも多いようです。

もちろん妻が働いていないのなら給与明細は必要ないのですが、たとえパートでも働いて収入を得ている場合は必要になってきます。

ただ、給与明細の保管場所を知っていればそこからコピーして提出することができるので、妻が管理している場合はどこに保管しているか確認しておくといいでしょう。

財産の洗い出し時点でバレる

個人再生をしていくためには「家計簿」を弁護士に提出していく必要があります。申告者の財産状況を事細かに裁判所に報告するためですね。

この家計簿の作成のためには、家の財産状況をすべて洗い出さなければならず、必然的に妻に聞かなければ分からないことが出てきます。

たとえば光熱費が妻の口座から引き落とされているとしたら、それについても家計簿に記載していかなければなりません。

もちろん、家計のことはすべて自分でやっているという人ならいいのですが、多くの人が家計に関しては妻に任せている部分が多いのではないでしょうか。

いきなり家計のことに関して聞かれると妻も不信感を持ちますので、バレないようにするためには何らかの形で家計に興味がある理由を示していく必要があります。

私の場合は「自分がお金の無駄遣いをしてしまっているので家計簿を付けて自制しようと思う」という理由で妻に色々聞くようにしました。

家に債権者からの書類が届いてバレる

私の借金が家族にバレた理由が正にこれです。

弁護士さんに相談して、裁判所から届く書面や弁護士事務所から届く書面はすべて郵便局留にしてもらっていました。

更に前述した給与明細の件や家計簿の件も、特に不信感を与えることなくできていました。

ただ突然、債権者から裁判を起こす旨の書面が自宅に届きました。その時の妻の動揺は今も忘れることができません。

自宅にいきなり遠方の裁判所から裁判通知が送られてきてきたら、ただただ恐怖しかないと思います。

その時、私は会社の社員旅行に行っていたのですが、妻からの電話を受けてすぐに弁護士さんに電話しました。そしてその件に関しては弁護士さんが対応してくれることになりました。

この時ほど「弁護士さんに相談しておいてよかった」と思ったことはありません。

その際に弁護士さんに聞いたのが、「債権者が牽制のために裁判をしてくることはよくあること」なのだそうです。

つまり貸したお金が回収できないのは分かっているけれども、債務者が動揺してお金を払うのを狙って裁判通知を送ってくるのだそうです。

このように、いくら家族にバレないように慎重に個人再生手続きを行ったとしても、債権者から何らかの書類が届いてしまったらどうしようもありません。

弁護士さんが「バレない保証ができない」と言ったのが正にこの部分だったんですね。

家庭崩壊を防ぐ対処法

私の場合は債権者からの裁判通知が来て、妻に借金をしていることがバレました。

ただその際、借金をしていることは説明しましたが個人再生のことまでは触れていません。妻の動揺を見て危険だと思ったからです。

これは個人再生が家族にバレてしまうのを何とか防ぎたいと思っている人に伝えたいのですが、「家族にバレた」と観念してすべて正直に白状してしまうのは少し待った方がいいです。

妻からしてみたら、たとえ一般の人が見る可能性は低いとしても「身内が個人再生をして官報に掲載される」ということは精神がおかしくなってしまうほどの衝撃である可能性が少なくありません。

また、こういった個人再生に関することを検索すればするほど深い闇に飲み込まれていくでしょう。

たとえ裁判所から通知が届いたとしても、それは必ずしも個人再生を明示するものではありません。

また同じように、妻に家の財産状況を聞いて怪しまれたとしても、それはそのまま個人再生に直結するものではありません。

私の妻の場合、私がしているのは債務整理だと思っています。

そもそも個人再生という言葉はあまり聞きなじみがない人の方が多いと思うので、借金といったら債務整理を思い浮かべることの方が多いでしょう。

もちろん債務整理も情けなく恥ずかしいことではあるのですが、ネットで検索しても個人再生ほどのショックは受けづらいと思います。

妻に借金がバレてすべてを白状する前に「これは本当にすべて言わなければならない状況か?」ということを一度冷静になって考えてみることをおすすめします。

まとめ

ここまで、「個人再生をすると家族にバレるのは本当か?」ということと、家族にバレた際に家庭崩壊のリスクを減らすための対処法について解説してきました。

私自身が痛い程痛感していますが、多額の借金を抱えるととても正常な状態ではいられなくなります。

そして「いっそ家族にすべてのことを話してスッキリしたい」という気持ちも出てきます。

ただ、その場合であっても無理矢理にでも立ち止まって「家族にすべてのことを話したらどうなるのか」冷静に考えてみることが必要です。

また、記事内でも債権者から裁判通知が来たことについて書きましたが、そういった場合に個人で対応しようとしてもどうにもなりません。

とにかく借金でもうどうにもならないと感じたら、まずは弁護士に相談するようにしましょう。そのことによって精神的な負担がかなり軽減されます。

借金のことを自分一人で考えていると、どんどん思考が悪い方へ行ってしまうのは経験済みなので、「まずは専門家に相談してみる」のが先決だと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.