クラウドワークスで遭遇した詐欺案件を紹介【まとめ】

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

クラウドワークスを始めてみると様々な案件があります。ただ、今でこそ「この案件は詐欺っぽいな」というのが分かるようになってきましたが、最初のうちはそんなこと判断できるわけがありません。

その結果、詐欺のような案件を請けてしまい、もう嫌になってクラウドワークスを辞めてしまう人が大勢います。

そこでこの記事では私が請けてしまいからくも難を逃れた詐欺案件や、様々な人が体験した詐欺案件をまとめて紹介していきます。

タケオ

クラウドワークス初心者の人は是非チェックしておいていただきたいと思います。

詐欺案件のメインターゲットとは

詐欺案件のメインターゲットは「ノースキルのクラウドワークス初心者」です。そのため、クラウドワークスの詐欺案件のほとんどが「カンタン作業」のジャンルに集中しています。

また、まだなんの実績もないクラウドワークス初心者に来るスカウトも詐欺案件の可能性が高いです。

「スキルがなくても全然大丈夫」「丁寧に1から教えます」といった甘い言葉で獲物を釣ろうとしているので、冷静になって内容を確認することが必要です。

詐欺案件の3つの特徴

それではここからは詐欺案件の3つの特徴について解説していきます。

あいまいな表現に終始している

詐欺案件の場合、何一つ具体的な表現がありません。「やる気次第で30万円」のようなあいまいな表現でターゲットを釣ろうとしているわけです。

そのため「どういう業務をしたらいくら報酬をもらえるのか」というのが明確に分かる案件を請けるようにすることで詐欺案件に手を出してしまうのを防ぐことができます。

報酬が著しく低い

時給500円を切るような案件は注意した方がいいでしょう。詐欺とは言わないまでも悪質な案件である可能性が高いです。

こういった報酬が低い案件ばかり請けてしまうと、ブラック企業など目ではないほどの過重労働を強いられれることになります。

精神的にも病んでしまう可能性が高いので注意しましょう。

常識では考えられない好条件

「簡単作業で月収30万円!」のような案件がちらほらありますが、普通ではありえません。スキルのいらない簡単作業でそんな額を稼げてしまったら、サラリーマンをする人はいなくなるでしょう。

このような案件で実際に月収30万円稼げることはありえないと考えておくべきです。

【体験談】からくも難を逃れた詐欺案件

では、実際に私が遭遇して難を逃れた詐欺案件について解説していきます。

簡単な動画撮影で22,000円!?

自宅で商品紹介の動画を15分撮るだけで22,000円が稼げるという案件でした。本当だとしたらめちゃめちゃ魅力的ですよね。

 

 

ただ、依頼者から「チャットワークでお話しましょう」と言われ、チャットワークでやり取りをしたのですが、どうもきな臭いのです。

まず言われたのが、

「実は商品じゃなくて私の開発したプログラムを紹介して欲しいんですよ」

依頼者

え?となりつつもやり取りを続けていくと、

「私のプログラムを受けた体で、非常に有益だったということをプレゼンしてください」

依頼者

「あなたの名前は○○という設定でお願いします。」

依頼者

?????

ちなみにそれがどんなプログラムなのかは一切教えてもらえず、事件に巻き込まれそうな気がしたのですぐに案件を辞退しました。

そして断った後、すぐに依頼者はチャットワークとクラウドワークスから消えていきました。普通に怖いですよね。

案件の後に怪しいオファー

108円で簡単なアンケートに答えるという案件でした。

 

 

アンケート自体はなんてことなく終了したのですが、問題はその後です。

依頼者から下記のようなメッセージが来ました。

 

 

そしてメールを見てみると、怪しげなファイルが添付されていました。その中には「指定の商品を購入するだけで無限にお金がもらえる特別オファー」の説明と、何かよく分からない変なツールがありました。

普通に恐怖しか感じなかったので、そのままファイルを閉じてゴミ箱に捨てました。

詐欺案件の事例3選

ここからは様々な人が体験した詐欺案件について紹介していきます。自分が請けようとしている案件が該当していないかチェックしてみてください。

事例1 購入代行案件

購入代行して買ったものをクライアントに送るという内容。実際に商品を購入して発送すると、そこから音信不通に・・。結局、商品は取られ、35,000円の代金を支払うことになってしまった。

被害者

このような詐欺はクラウドワークスではあるあるです。こういった案件のクライアントはすぐに逃げてしまう可能性が高いので、まずはクラウドワークス事務局に問い合わせて特定をする必要があります。

このような詐欺案件に引っ掛かるとたくさんの時間と労力を取られることになりますので、案件に取り掛かる時に「ちょっと変だな」と思ったらクラウドワークスの規約を確認するようにしましょう。

事例2 オンラインセミナー案件

「今回の募集は努力次第で月30万円以上希望される方向けの内容です。月50万円も可能なのでこれ一本で独立も可能。詳細を聞きたい方は完全無料のオンラインセミナーにお申し込みください。」

この案件で稼ぎたいんだけど大丈夫?

被害者

おそらく高い確率で何らかの高額商材を売りつけられると思います。ネズミ講の可能性もあるのでこのような案件はスルーした方がいいでしょう。

実は私も恥ずかしながら「月収10万円をワンクリックで稼げる!」みたいなセミナーに参加したことがあります。

何の学びにもならなかったばかりか、セミナー後に鬼のように高額コンサルを売り込みされたので、こういうあいまいなことを謳うセミナーには二度と参加しないと決めています。

ライティング案件

一人前のライターになるために、「ライティングスキルをプロが丁寧に教えてくれる」という案件に応募した。ただ、1文字0.1円しか貰えないので時給100円くらいにしかならず辛い・・

被害者

クラウドワークス初心者の向上心につけこんだ案件はたくさんあります。詐欺案件とまでは言わないですが、卑劣なやり口だと思います。

たとえライター初心者であったとしても1文字0.5円以上の報酬がもらえる案件はたくさんありますので、くれぐれも甘い言葉に釣られないようにしましょう。

時給が500円を切るような案件をやっているとモチベーションがどんどん落ちていってしまいますので、報酬が著しく低いものはスルーするようにした方が良いです。

まとめ

ここまでクラウドワークスで実際に請けたものや多くの人が体験した詐欺案件について解説してきました。

現在、クラウドワークスでも浄化活動はしているものの、まだまだ初心者を狙った悪質な業者は存在しています。

確かにクラウドワークスをしばらくやっていれば「この案件はヤバイな」というのが分かってくるのですが、初心者だとどうやって仕事をしていったらいいのかも分からず、詐欺案件に引っかかってしまう可能性が高くなります。

是非この記事に書いてあることに注意していただいて、楽しくクラウドワークスで稼いでいただけたらと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.