【挫折防止に最適!】せどり仲間を作って収益を倍増させる3つの方法

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

せどりは1年以内に9割の人が挫折してしまうビジネスと言われています。

その理由の一つとして大きいのが「孤独な作業を続けなければならない」という点。

せどりは人と関わらなくてもできてしまうので楽なビジネスと思うかもしれませんが、自分一人で虚しさを感じながら作業をするのには限界があります。

そこでこの記事では挫折を防止するための「せどり仲間の作り方」について解説していきます。

タケオ

せどり仲間を作るメリットとデメリットとは

せどり仲間を作るのは挫折を防止するために有効と言えますが、メリットもあれば当然デメリットも存在します。

ここの考え方を間違えてしまうと単なる傷のなめ合いしかできなくなるので注意しておいた方がいいでしょう。

メリット

モチベーションが維持できる

せどり仲間を作ることによるメリットの一つが、モチベーションが維持できるということです。

たとえ日々孤独にせどりの作業をしていても、定期的にせどり仲間と会うことによって再度気持ちをリセットすることができます。

情報交換ができる

せどり仲間と定期的に会うことによって、常に最新の情報を仕入れることができるというメリットもあります。

一人で作業をしているとなかなか新しい情報が入ってこないので、特にトレンド商品を仕入れる場合に不利になってしまったりします。

せどりは情報戦とも言われます。

言い方は悪いですが、せどり仲間を作り「情報源」を持っておくことによって、絶えず有利な状況でせどりをすることが可能になります。

せどりのレベルが上がる

たとえば、せどり仲間と一緒に仕入れに行くと、自分のせどりのレベルが大きく上がるのを感じることができると思います。

これは「せどり仲間にかっこ悪いところは見せられない」といつも以上に真剣に仕入れをするということに加えて、せどり仲間の仕入れノウハウを吸収することができるからです。

このように仲間がいると相乗効果が期待できるので、ずっと一人で仕入れに取り組むより効果が出やすいと言えるでしょう。

デメリット

傷のなめ合いの場になる可能性がある

せどり仲間が集まって情報交換などの機会になればいいのですが、中には単なる傷のなめ合いの場になってしまう可能性があります。

そうなってしまうとただの時間の浪費になってしまい、誰にとってもプラスにはなりません。

私も過去、せどり仲間との集まりでこういう状況になってしまったことがあるのですが、本当に最悪でした。話題と言えば、せどり情報発信者の悪口や仕事の愚痴ばかり。

3回ほど付き合いで行って、その後は連絡を取らなくなりました。時間の無駄どころか精神にダメージを受けて帰ってきたりしていたので本当にただの害悪でした。

せどりに真剣に取り組んでいない人と仲間になるとこういったことになってしまいがちなので、相手はきちんと選んだ方がいいと思います。

作業時間が減る

せどり仲間との時間が増えるとせどりの作業時間は減ります。そのため、バランスよくスケジュールを組んでいく必要があります。

おすすめとしては基本一人で作業して、2週間に1回くらいせどり仲間と会う形がベストかと思います。

作業しないと一切稼げないのがせどりでもあるので、その時間はしっかりと確保しておくことが重要になるでしょう。

出費が増える

せどり仲間との集まりが増えると出費もかさんできます。ましてやそれが飲み会も兼ねるような集まりの場合、飲み代を稼ぐためにせどりをするという状況にもなりかねません。

自分が稼げていないうちはランチをしながら情報交換するなど、状況に合った選択を心がけていきましょう。

せどり仲間を作る3つの方法

ここからは「どういった場所に行けばせどり仲間を作ることができるか」ということについて解説していきます。

懇親会

せどりセミナーの後に行われる懇親会には多くのせどらーが集まります。

そのため、積極的にこういう場に参加していくことで仲間を作ることができます。

せどりセミナーは無料で行われている場合も多いので、懇親会目当てで参加してみるのもいいでしょう。

ちなみに懇親会で良い仲間や良い情報を得るポイントですが、自分自身からも有益なせどりノウハウを発信していくことが重要です。

返報性の法則というのは本当で、自分が発信すればするほど良い情報を教えてもらうことができます。

「ノウハウなんてない」という人でも大丈夫で、そういう場合は仕入れに行った時にどういうセールをやっていたか等の生きた情報をシェアすることで喜んでもらうことが可能です。

 

<せどりセミナー>

 

せどりツアー

せどりツアーにまで参加する人というのは、本気でせどりに取り組もうとしている人である可能性が高いです。

そのため、せどりツアーの参加者と仲間になることによって、切磋琢磨しあえる関係を作りやすくなります。

また、そういった人達と一緒に仕入れをしにいくことによってツアーで学んだ内容の復習をしたりできるので、仕入れのレベルアップにも繋がっていくでしょう。

現場

店舗で仕入れなどをしていると、たまに他のせどらーに話しかけられたりします。そういった縁で仲間になることも珍しくありません。

仕入れ圏内でせどり仲間を作ることによって、地域のセール情報などを知ることができたり店舗のおいしい情報を教えてもらえたりするので非常に有益です。

ただ、一応ライバルでもあるので、自分のメシの種になるような情報についてはおいそれと教えない方がいいでしょう。

せどり仲間を作ってビジネスを大きくする方法

せどり仲間を作ることによって、せどりの先に様々な広がりが見えてきます。

ここからはせどり仲間を作ってビジネスを大きくする2つの方法について解説していきます。

せどりチームを作る

せどり仲間とチームを作ってコンサル生を募集することでより収益を倍増させるという方法があります。

この場合、一人でやる場合と比べて仲間の持っているノウハウを結集することができるので、より成果が出やすく疲弊しづらいです。

ただ、責任の所在や金銭面で揉めてしまうことも十分考えられるので、それぞれの担当する部分と報酬などはキッチリと決めておいた方がいいでしょう。

また、自分がせどりのコンサルをして、仲間にはサポートをしてもらうという方法もあります。

この場合は自由に仲間の報酬を決めることができるので、より収益計算がしやすくなるでしょう。ただ根幹の部分は自分ですべてこなすことになるので無理のしすぎは厳禁です。

一人で頑張りすぎて倒れてしまった人が私の周りにもいましたので。

仕入れのステージを上げる

せどり仲間との力を結集することで、今まで一人では手を出すことができなかった高ロット商品の仕入れメーカーとの取引が可能になります。

大量に仕入れをすることが出来れば、その分仕入れ値は下がってくるので、せどりで更に高利益を出して行くことが可能になります。

また、せどり仲間と仕入れネットワークを作って、クリスマスや年末年始の時期に利益商品を仕入れまくるということもできます。

まとめ

この記事ではせどり仲間を作って挫折を防ぎ、収益を上げていく方法について解説してきました。

自分一人で淡々とせどり作業に取り組んでいくのは重要なことですが、そういうことに時間を使っているのが馬鹿らしくなってしまう時も来るかもしれません。

そんな時にせどり仲間がいると再度モチベーションを上げるキッカケになったりしますので、「一人でせどり作業をしていて孤独‥」という人は仲間を作りに懇親会などに参加してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.