睡眠不足の副業サラリーマンが短時間睡眠でもへっちゃらになる方法

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

副業に取り組んでいるサラリーマンの多くが睡眠不足に悩んでいます。

それはどうしてかというと、そもそも副業の時間をたっぷり取れるような人は少なく、ある程度睡眠時間を削って取り組んでいる人が多いからです。

もちろん「月1万円くらいを副業で稼ぎたい」という場合だったら1日1時間くらいでも無理なく稼げると思います。

ただ、高い月収を狙えば狙うほど、1日1時間ではとても結果を残せなくなってきます。

そこでこの記事では、副業サラリーマンが短時間睡眠でも無理なく活動していける方法について解説していきます。

タケオ

なぜ短時間睡眠が必要か?

副業に取り組んで収益を得るためには、ある程度の時間を投入していく必要があります。

特に最初のうちはなかなか成果が出づらいため、睡眠を削ってでも副業の時間を確保していかないと、「全然稼げない・・」というようにモチベーションが低下して挫折する原因になってしまいます。

たとえば副業でライターをしようと思った場合、何の実績もない初心者だと文字単価0.5円くらいの案件からスタートすることになります。

そして1時間に書ける文字量は1000文字くらいだったりするので、そうなると時給500円になります。

ライターを始めてしばらくはこの状態が続くため、「正直バイトした方が稼げるな」と感じて多くの人が挫折してしまいます。

ただ、実はここが踏ん張りどころで、10案件ほど取り組んで実績がつけば、文字単価1円の案件も請けられるようになってきます。

そして1時間に処理できる量も1500~2000文字は書けるようになってくるので、時給1500円以上はライターで稼げるようになります。

この時給500円から時給1500円まで挫折をせずにたどり着くために、睡眠を削ってでも作業量をこなす必要が出てきます。

この「最初はとにかく作業量が必要」というのはどの副業でも同じで、せどりであっても最初は時給0円が普通ですし、アフィリエイトに至っては半年間くらい稼ぐことができません。

では、短時間睡眠とはどれくらいの睡眠時間を指すのかというと、きっかり6時間と考えています。

これは私自身が色々実践してみて分かったことなのですが、睡眠時間が6時間を切ると本業に悪影響が出てきます。

仕事中に意識せずに寝てしまったり、ずっとイライラし続けてしまったりしたんですね。

その結果、副業をするのが嫌になって手につかなくなってしまったことも何度かあったので、これでは元も子もありません。

ただ、6時間睡眠であったら睡眠サプリを使うのに加えて、寝る時間と起きる時間を習慣化することで、問題なく本業との両立ができるようになりました。

むしろダラダラと寝ることが無くなって、体調が良くなったと感じるくらいです。

6時間睡眠であれば、本業や生活の時間を差し引いても1日2~3時間は副業に充てることができます。

睡眠不足を解消する方法3選

ここからは睡眠不足を解消する3つの方法を解説していきます。

特に睡眠サプリは睡眠を深く質の高いものにすることによって物理的に短時間睡眠を可能にするので、是非参考にしてみていただきたいと思います。

睡眠サプリを使う

正直、6時間睡眠を実現するために最もてっとり早いのが睡眠サプリを活用することです。

では睡眠サプリにはどういう成分が含まれているのかというと、L-テアニンという成分が入っています。

この成分は起床時の疲労感や眠気を軽減するという調査報告があり、身体へのデメリットはありません。

この睡眠サプリを使って睡眠の質を高めることによって、信じられないくらいスッキリと起きることができるようになります。

こちらでは私が使っている睡眠サプリを紹介します。

Amazonでベストセラー1位だったので、やはり多くの人に支持されているんだと思います。

 

短時間睡眠を完全に習慣化する

習慣化の力は凄まじいです。人間は基本的に繰り返す生き物なので、副業にコミットして習慣を作り替えてしまえば驚くほどコスパのいい生活をすることができるようになります。

たとえば私は元々、本業が終わったらテレビを見てゴロゴロしたり、ゲームをしたりしていました。

ただ、テレビやゲームの時間を副業に充てるようになりそれを続けていくと、「テレビを見ている時間がもったいない」と感じるようになりました。

今では誰に何を言われずとも、勝手にパソコンに向かって記事を執筆する習慣が染み付いています。

睡眠時間も同じで、朝起きる時間は6:45、寝る時間は24:45に決めていて、もはや目覚ましを使わなくても勝手に時間になったら起きられるようになっています。

最初は結構きついかもしれませんが、習慣化さえ出来てしまえばそれが一番楽な状態になるので、何も考えず勝手に生産的な作業ができるようになります。

副業の時間割を決める

やはり夜も更けてくると集中力は落ちてきます。本業が終わった後だと尚更ですね。

そのため、夜中に頭を使う作業を持ってくるとしんどくなってきてしまいます。

そのため、副業の時間割を決めて「何時から何時まではこの作業」というように決めてしまい、最初の方に頭を使う作業を持っていくことで効率的に副業をすることができます。

たとえば私の場合は、最初にライター案件をガッツリこなして、それが終わったらブログ記事の執筆、最後にブログへのアップ作業をします。

ブログへのアップ作業ですることといえば、文字装飾をしたり画像を挿入したりといったことなので、正直何も考えなくてもこなすことができてしまいます。

休日も同じような感じで、6:45に起床したらとにかく溜まったライター案件を2時間かけて一気に処理します。

そこから家族が起きだしてくるので、子供の相手をしたり家事をしたり・・

そして昼食を取って13:00から2時間かけてブログの執筆と本業で昇格するための勉強をします。

一応これで休日のノルマは終了で、あとは自由時間。

ただテレビなどを観ないので、結局クラウドワークスの募集を確認したりすることに時間を使っています。

このように時間割を決めてしまうと、ある意味、何も考えずに日々を過ごすことができるので非常に楽です。

まとめ

ここまで、睡眠不足の副業サラリーマンが短時間睡眠でもへっちゃらになる方法について解説してきました。

正に「習慣化する」というのが一番大きなカギで、これを出来てしまえば非常に楽な状態で副業に取り組んでいくことができます。

副業でガッツリ稼ぎたいけど時間が全然取れない・・という人は是非参考にしていただけたらと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.