【経験談】ライティングのスピードを爆上げして収入を倍増させる方法

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

副業ライターとして活動していく上でライティングのスピードは超重要です。

というのも作業時間が短い中で効率的に執筆していかないとなかなか思ったように稼ぐことができないからです。

たとえばライターで時給500円しか稼げないとしたら、アルバイトをしていた方がよっぽどマシですよね。

そこでこの記事ではライティングのスピードを上げて、副業収入を倍増させる方法について解説していきます。

タケオ

目標は1時間○○字!

結論から言うと、1時間1500~2000文字を書けるようにすると、少ない作業時間でも月4万円くらいはライター業で稼げるようになります。

たとえば私の場合、毎日1時間しかライティングの時間を取れません。それ以外の時間は食事や睡眠などの「生活に必要なこと」や覆面調査員の仕事、ブログを書いたりすることに使っています。

そうなると1週間にライターの仕事ができるのが28時間くらいとなります。そのため、この限られた時間でどれだけ時間帯効率をよくしていけるかが課題となってきます。

ちなみにライターの仕事を始めたばかりの時は、1時間1000文字が限界でした。更に文字単価は0.5円の案件がほとんどだったので、時給換算すると500円。

月のライター月収は1万4千円でした。

ただ、現在は1時間1500文字以上がコンスタントに書けるようになってきて、文字単価も0.8円~1円の案件をメインに受けられるようになってきたため、4万円以上の収益を得られるようになっています。

文字単価は実績を積み重ねていけば上げていくことができるので、文字単価0.7円としても1時間1500文字書けたら月収3万円くらい稼げます。

時給を上げるためには文字単価を上げるのも確かに重要ですが、ライティングスピードの方がてっとり早く上げることができるので、まずはこちらから取り組んでみるのがおすすめです。

ライティングのスピードを爆上げさせる3つの方法

ではここからはライティングスピードを大きく上げるための3つの方法について解説していきます。

まず構成を作ってしまう

ライティングが遅い人は構成など考えずにすぐに文章を書こうとしてしまいます。

ただそれでは航海図もなく大海原へ漕ぎ出すようなもので、書いているうちに自分自身でも何が何だか分からなくなってしまいます。

そして何度も文章を読み返しては悩むことになってしまい、その間にも時間はどんどん経過していきます。

そこで重要なのが、文章を書き出す前にまず大枠の構成を作ってしまうということです。ゴールまでの道のりを決めてしまうということですね。

この構成ができてしまうと、「まとめ」の部分から取り掛かろうが「第3章」から取り掛かろうが、問題なく記事を執筆することができるようになります。

私の場合、構成を作ったあとにまず自分が知識を持っている箇所を執筆してしまって、穴が空いているところを調べながら書くという形を取っています。

これをしておくことで「5000字も書かなきゃいけないのか・・」という圧迫感を無くし「後2000字を調べながら書けばOK」という形にできるので、心理的に負担なく作業していくことが可能になります。

得意ジャンルを作る

いくらライターの仕事に慣れてきたとしても、自分が全く知らない分野の記事を執筆するのは骨が折れます。

「ライターの仕事をお金をもらってやっているんだから選り好みはできない」と様々なジャンルの案件を受けている人もいますが、おそらく一向に効率は上がっていかないでしょう。

確かに本業でライターの仕事をしていくのならば様々なジャンルの記事を書けたほうがいいのかもしれませんが、正直、副業の場合は3ジャンルの記事が書ければ十分です。

逆にその3ジャンルの知識を深めていって専門性を磨いていった方が、よっぽど効率的にお金を稼ぐことができると思います。

ライティングスピードに関しても、自分が知っている知識が多いジャンルの方が圧倒的に早いスピードで執筆することができるので、作業時間があまり取れない場合は絶対にジャンルを絞るべきです。

語尾のパターンを3つ持つ

文章を書くときに語尾パターンが少ないと結構面倒くさいです。というのも「~です。」「~です。」「~です。」とずっと続けていくと単調な文章になってしまって、読み手を飽きさせてしまうんですね。

そのため、語尾パターンがずっと同じだとクライアントに突き返されたりします。

かといって、「語尾を変えるって言われても・・」というところはあると思います。私も正直、そんなにバリエーションはないです。

なのでまずは3つだけ語尾パターンを持っておくようにしましょう。

私の場合は「~です。」「~ます。」「~しましょう。」の語尾パターンで回していたりします。それに時たま「~も可能。」みたいな体言止めを使ったりするくらい。

ただ、それで突き返されたりはしませんので、それくらいの語尾パターンを織り交ぜていけば大丈夫です。

スピード&単価アップで時給3000円も可能

まずはライティングスピードを上げて案件をこなしていくと、徐々に文字単価の高い案件も請けられるようになってきます。

そして中には文字単価2円以上で請けられる案件もあったりするので、1時間1500文字とすると時給3000円以上も可能になります。

基本的に副業ライターとして月収4万円以上稼ぐラインとしては「文字単価1円」「1時間当たり1500文字」となります。

このラインは、ジャンルを絞り込んで効率的に執筆するようにしていけばすぐに到達できると思います。

時給1500円以上が稼げるようになれば、バイトをするよりライターをしている方がよっぽど稼げるようになるので是非取り組んでみていただきたいと思います。

まとめ

この記事ではライティングのスピードを上げて収入を倍増させる方法について解説してきました。

ライターとしての収入を上げるためには「文字単価」「執筆する文字数」を上げていけばいいだけなので非常にシンプルです。

ただ、やみくもに記事を書きまくったとしても疲弊してしまうだけでライティングスピードは上がらなかったりするので、是非記事に書いてある「ライティングスピードを上げる方法」を参考にしていただき、副業ライターとして収入を上げる一助にしていただけたらと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.