【ストアカで先生をする方法】実際にせどり講座を2回開催した感想

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

ストアカは日本最大級のスキルシェアサービスサイトで、登録生徒数は42万人以上となっています。

そのため、先生をやったことがない人であっても生徒さんを集めやすく、システムもきちんとしているので安心して講座を開催することができます。

私も実際に2回ストアカでせどり講座を開催して計10人に参加していただくことができました。

この記事ではストアカで先生をする方法2回講座を開催した感想について書いていきたいと思います。

タケオ

ストアカで先生をする方法

それではここからは【ストアカ】で先生登録をしていく方法について解説していきます。

まずはストアカに登録して、サイト上部の「先生になろう」というボタンをクリックします。

 

 

そうするとストアカで先生をするためのメリットやサポート体制が分かるページに移動するので、確認してから「ストアカで教えてみる」というボタンをクリックします。

 

 

次に情報を入力していくわけですが、3つのステップがあり「公開プロフィール情報」「本人確認用のSNS・ホームページ情報」「自己紹介」を入力していきます。

 

 

そうすると先生登録が完了となり、教室ページを作ることができるようになります。その後、教室ページで講座を作って公開申請をし、承認されたら晴れて講座を開催することができます。

教室ページや講座の作り方については、まずは高ランクのバッジを持っている先生のものを一通りみておきましょう。

そしてそれを土台にして自分のプロフィールや講座の記載をしていけばOKです。

ストアカで先生をするメリットとデメリット

ここからはストアカで先生をすることのメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

全国どこでも開催することが可能

ストアカでは47都道府県の地域ページがあるので、どの場所でも講座を開催することが可能です。

そのため、地元のカフェで少人数対象の講座を開きたいという場合も、ストアカでは手軽にすることができます。

また、オンラインでも講座を開催することが可能なので、自宅にいながらにして継続的な収入を得ていくことも十分に可能です。

先生の登録や講座の掲載が無料

ストアカでは登録料などが一切かからず、講座で受講料収入が発生した場合だけ10~20%の手数料がかかります。

実際に講座を開催した時しかお金がかからないので、気軽に登録してじっくり準備をすることが可能です。

有料級のサポートがある

ストアカでは先生をする人へのサポートが充実しています。

「先生向けのイベント」が行われていたり、分からない点は運営チームに気軽に相談することが可能。また講座開催場所の紹介などもしてくれます。

実際に私が先生をする際も運営チームの人が超低価格で「ストアカで先生になるための実践講座」をやっていたので、迷わず参加しました。

ストアカ補償制度がある

ストアカにはストアカ補償制度というものがあり、講座の受講中にケガなどがあった場合の補償や、天災事故が起きた場合の補償をしてくれます。

詳しい補償内容がストアカのホームページ内に掲載されているので、先生をする場合は確認しておくといいでしょう。

デメリット

なかなか生徒が集まらない

どのセミナーでもそうかもしれませんが、いくら登録者数が多いストアカでも最初からいきなり大人数を集客するのは難しいです。

多くの登録者がゴールドバッジ以上の先生が開催している講座に流れてしまうので、まずは低価格で少人数相手に地道に実績を積んでいくしかありません。

私の場合も最初に開催した講座は知り合いに声をかけて来てもらったりしました。結局本業が忙しくなって2回だけしか講座を開けませんでしたが、やはり集客が大変だなと思いました。

すべて一人でこなす必要がある

受付や会場の手配などをすべて自分一人でこなす必要があるので、その点はかなり大変です。

私はセミナールームを借りて講座を開催したのですが、結局準備や講座後の生徒さんへの対応でバタバタしてしまい追加料金を取られることになってしまいました。

少人数のうちはカフェとかの方がいいかもしれないですね。

顔写真を公開する必要がある

平気な人は全然大丈夫とは思うのですが、ストアカで先生をする場合は顔写真を公開する必要があります。

そのため、副業禁止の会社に勤めている場合、リスクが高くなってしまいます。

私が講座を2回開催してその後やらなかったのも、忙しさに加えて会社バレが怖かったからという理由があります。

ストアカで2回講座を開催した感想【体験談】

それではここからはストアカで2回講座を開催した感想について書いていきます。

1回目のせどり講座

1回目の講座は都内のセミナールームを借りて行いました。時間は3時間。料金は1000円としました。

せどりで月収20万円くらい稼ぐことができていたので、それをプロフィールに記載して講座を立てました。

ただ、1週間かけても誰も応募がなく、知り合いに声をかけたところ5人来てくれることになりました。

どの先生でも最初は集客が難しいので知り合いに来てもらって講座を開催するみたいですね。よっぽどの実績がないとメルカリ内検索で来てくれる人はいないでしょう。

そして講座を行ったのですが、タイムスケジュール通りに全然進まず。予定より1時間早く説明が終わってしまい、仕方なく質問タイムにしました。

知り合いなので評価は星5を付けてくれましたが、正直不甲斐なさの残る初講座でした。ちなみに収益で言うと会場代を差し引いて赤が出てしまいました。

2回目のせどり講座

2回目は1回目と同一の内容で行いました。時間は前回余ってしまったので、今回は2時間で設定。料金は2000円で設定しました。

場所は同じく都内のセミナールームで行いました。

集客ですが1回目の講座と同じく5人でした。ただ、全員知り合いというわけではなく、2人が知り合いで後の3人はストアカ内検索で講座に申し込んでくれました。

「こうやって少しずつ生徒を増やしていくのか」と実感して少し嬉しくなりましたね。

講義もかなりスムーズに進み、時間通りに終わらせることができました。そして収益の方も多くはないですが出すことができた感じです。

まとめ

ここまで【ストアカ】で先生をする方法や、実際に先生をやってみた感想を書いてきました。

ストアカでは先生を継続していくための様々なシステムやサポートが充実していて、初心者であっても地道に活動していけば生徒数を増やしていけると感じました。

先生をすることで収入を得たい、と思っている人は是非参考にしていただけたらと思います。



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.