【クラウドワークス】webライター検定3級に合格する方法

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

クラウドワークスでライターの仕事を始めようとした際にネックになるのは「基本的に何の教育も受けていない」ということだと思います。

だから1つの記事を書くのに膨大な時間がかかるし、上手く書けないので「向いてない」とライターを諦めてしまう人が大勢います。

ただ、クラウドワークスには公式のスキル検定があって、事前に講義動画を見ることによってライティングの基礎を学ぶことができます。

特にwebライター検定3級は講義も検定も全て無料で受けることができるので、スキルアップのためにもやらない手はないです。

この記事ではクラウドワークス公式のスキル検定であるwebライター検定3級に合格する方法について解説していきます。

タケオ

クラウドワークスのwebライター検定3級とは

クラウドワークスには公式のスキル検定があって、これに合格することによってプロフィールに記載されるようになります。

 

 

検定の種類としては「webライター検定3級」「webライター検定2級」「webライター検定1級」「ビジネス事務検定」が用意されています。

その中で、クラウドワークスのwebライター検定3級は「webライターの登竜門」という位置づけですね。

 

この検定では事前講座も準備されていて、丁寧にライティングの基本を説明してくれているので、「ライターの仕事はこうやればいいのか」という大まかな概要をつかむことができます。

webライター検定3級の受験の流れ

webライター検定3級の受験の流れですが、まずは事前に講義動画を見てライティングについて学んでいきます。

 

 

ボリュームがかなりあるので休み休み取り組んでいくといいでしょう。かなり分かりやすく説明してくれています。

そして講義動画を終えたら、そのままスキル検定を受験することができます。もちろん講義を見なくても検定を受けることは可能ですが、ライター初心者だったらほぼ100%落ちると思います。

webライター検定3級の問題は50問で、全て選択式です。見た目は割とあっさり合格できそう。

ただ、私の場合は講義動画を2回繰り返して見たにもかかわらず、不合格。相当要領が悪いんだなとがっかりしました。

ただ、落ちても14日経過したらまた受けることができるので、諦めなければ合格できるようになっています。

webライター検定3級を受験するメリットとデメリット

それではここからは、webライター検定3級を受験するメリットとデメリットについて解説していきます。

webライター検定3級を受験するメリット

ライティングの基礎が身に付く

初心者向けの講座を受けることができるのでライティングの基礎が身に付きます。基礎があるのと無いのでは文章の質やスピードが変わってくるので、ここはやっておいた方がいいでしょう。

中には「ひたすら記事を書いていれば自然とスキルは身に付く!」と言って全く勉強しない人もいますが、成長スピードは非常に鈍化してしまうと思います。

無料で受けられる

ライティングの基礎は本などでも学べます。ただお金はかかってくるので、無料でライティング講義が受けられるというのは大きなメリットです。

自信になる

正直、webライター検定3級に合格してもそこまでのアピールポイントにはなりません。むしろいくつもライター案件をこなして実績を作った方がアピールにはなるでしょう。

ただ、「クラウドワークスの公式資格に合格している」という事実は、クラウドワークスでライターとして活動していく上で拠り所になります。

特に自分に自信が持てない人の場合は、資格を取るようにしておいて損はないと思います。

webライター検定3級を受験するデメリット

結構折れてしまう人もいる

動画講座にはかなり内容が詰まっていて、それをしっかりと理解しないと検定に合格することができません。

しかも講座は無料で身銭を切っていないため、面倒くさくなって折れてしまう人も結構いたりします。

検定にマニアックに取り組んでしまうリスクがある

とにかく検定に合格することが目標になってしまって、「3級に合格したら2級!」というように突き進む人もいます。

ただ、あくまで「クラウドワークスでライターとしてお金を稼ぐ」のが目標のはずなので、そこは見失わないようにしましょう。

アピールできるのは1級から

いくらwebライター検定3級がクラウドワークスの公式資格といっても、クライアントが価値を感じるのは1級からです。

「webライター検定3級を持っていて実績がない人」と「案件に取り組んだ実績が10件ある人」だと後者の方が採用される可能性が高いです。

1日でwebライター検定3級に合格できる?

1日でwebライター検定3級に合格することは可能です。

というのも、講座の動画は27本あるものの1つの講義時間は数分程度なので、一気に勉強して検定を受けることが可能だからです。

また、検定試験に回答するとすぐに結果が出てくるので、その日のうちにwebライター検定3級を取得することができます。

合格まで一気にやってしまいたいという人は集中して取り組んでみてもいいのではないでしょうか。

まとめ

ここまでwebライター検定3級に合格する方法について解説してきました。

といっても合格するための特別なノウハウがあるわけではなく、とにかく諦めずにチャレンジすれば合格することができます。

是非webライター検定3級を取得して、自信を持ってライター案件に取り組んでいただけたらと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.