副業でライターを始めた人が9割挫折してしまう理由

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

副業でライターを始めたはいいものの、1年後もライターの仕事を続けている人はその中の1割ほどだそうです。これはせどりにも全く同じように当てはまります。

もちろん統計を取ったわけでも何でもないのですが、多くのライターやせどりの情報発信者がそのように言っていることから、実感値として多くの人が感じていることなのだと思います。

実際に私もライターをしていて、過去にはせどりも行っていたことがあるのですが、やはり1年以上続けてみて同じように続いている人は1割くらいの感じがします。

そこでこの記事では、副業でライターを始めた人が9割挫折してしまう理由について解説していきます。

タケオ

副業ライターが9割挫折してしまう3つの理由

副業ライターのほとんどが挫折してしまう理由として、マインドセットができていないという原因が挙げられます。

副業を始めたもののモチベーションが落ちてしまっているという人は下記の3点を確認してみていただきたいと思います。

サラリーマン脳から脱却できない

サラリーマン脳とはどういうものかというと、やらされてる感を持ち続けていることを指します。

つまり、「ライター案件に採用されないのはクラウドワークスのシステムが悪い」「せどりで稼げないのはノウハウが悪い」というようにすべて他責にしてしまうということです。

これをやってしまうと成長が著しく鈍化してしまいます。それだけでなく、モチベーションがどんどん低下していってしまいます。

そして最終的には「ロクな副業がない。やるんじゃなかった。」と言って副業自体を辞めてしまいます。

とても重要なことなのですが、副業をしてきちんと稼いでいけるようになるためには、自責で考えることが必須です。なぜなら自責で物事を捉えることによって常に改善を繰り返すことができるようになるからです。

このサラリーマン脳からビジネス脳への転換をするだけで、副業で継続的に稼げるようになる可能性を大きく上げることができます。

習慣化に失敗している

人は新しいことを始める時になかなか動き出すことができません。それが面倒くさいことなら尚更です。

そして無理やり新しいことを始めたとしても徐々にやらなくなっていき、結局元の生活に戻ってしまいます。そうなると新しいことを始めて継続させるためには「習慣にしてしまう」というのが最も確実です。

ではどうすれば副業が習慣化するのかというと、同じ時間に同じ作業をし続けることです。もちろん最初はかなり億劫ですが、数ヶ月すると副業をしないことが気持ち悪くなっているはずです。

私の場合ですが、時間になると何も意識しなくてもパソコンの電源を付けて、気付いたらひたすらキーボードを叩いているということがよくありました。

少なくとも副業をすることに関する面倒くささや億劫さは全く感じなくなり、生活の一部としてライティングができている形です。

最初の数ヶ月さえ継続できればその後はずっと楽になるので、まずは習慣化できるように心がけてみて下さい。

稼ぐ理由がない

そもそも稼ぐ理由がない人は副業をしても挫折してしまう可能性が高いです。というのも、意味がないことに人は真剣になれないからです。

そのため「本業で十分稼げているけど、時間が空いているから副業をやってみよう」といったような人はなかなか副業を継続していくことができません。

逆に「副業で月5万円稼がないと借金を返せない」「家族旅行に行くために副業で10万円貯めたい」といったような明確な稼ぐ理由があると継続しやすいです。

まずはどうして自分は副業をしたいのか、じっくりと考えてみる必要があります。

残る1割の副業ライターになる方法

それでは継続して副業ライターができている1割に入るためにはどういったことをしていったらいいのかということを解説していきます。

長期でビジネスを考える

まずは長期でビジネスを考えていくようにしましょう。というのも「副業を始めたはいいけれども全然稼げないのでやめた」という人が非常に多いからです。

どの副業であっても最初からガンガン稼ぐのは難しいです。まず最初は時給500円くらいからスタートして、徐々に時給1000円、1500円と上がっていきます。

そのため、ある程度長期的な視点で副業に取り組むようにすると長続きするようになります。

完全に副業習慣を作ってしまう

前述しましたが、副業をする習慣を完全に作ってしまうということですね。

副業するのが苦にならない状態を作れてしまえば、後はひたすら作業するだけなので収益もどんどん安定してきます。

テレビなどを見ている時間を副業に充てると、最初はビックリするほど辛いです。私もテレビを見て日頃のストレスを解消できていると思っていたので、副業を始めた時はいずれ過労死するかと思いました。

ただ実際はテレビを見なくなってもどうということはなく、逆に副業をすることがストレス解消になるようになりました。

やはり習慣化の力は非常に大きいと思います。

稼ぐための理由をいくつか立てる

稼ぐための理由をいくつか持っているとモチベーションアップに非常に役立ちます。これは理由が多ければ多いほどいいです。

そもそも副業を継続するには「副業をやらない理由」を「副業をやる理由」が上回ればいいわけで、そうでなければそもそも「副業をやらない理由」を考えなくなるまで習慣化してしまうしかありません。

そのため、副業に取り組む場合は最初の目標設定がとても重要になってきます。

そもそも副業はしなくてもいい?

今、副業解禁の流れが来ているとか、これからは副業をしなければ生きていけないとか、様々なことが言われています。

ただ、これを鵜呑みにしてはいけません。たとえばせどりの情報発信をしている人がこういったことを言う時は、自分のサービスを売りつけるポジショントークである場合が多いからです。

そのため、まずは自分自身で「なぜ副業をするのか」ということを考えておく必要があります。

ここが明確でない人が多いため副業での挫折者が多いように見えてしまうかもしれませんが、目的意識を明確にしておくことによって挫折などするはずがない状態に持っていくことができます。

まとめ

ここまで、副業でライターを始めた人が9割挫折してしまう理由について解説してきました。

ただ、きちんと副業で稼ぐ理由を明確にして、副業をすることを習慣化してしまえば挫折せずに継続していくことが可能です。

「副業をするのがキツい・・」という人は、まずは副業をする目的を設定していただきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.