副業ライターで稼ぎたい!おすすめの媒体3選【まとめ】

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

副業をする上でライターの仕事は最もおすすめです。

というのも、何の元手も要らず、専門知識を高めたらそれだけ収入がどんどん上がっていくからです。

そこでこの記事では、副業ライターで稼ぐためのおすすめ媒体を3つ紹介していきたいと思います。

コツコツと実績を積めば文字単価1円以上の案件を請けられるようになるので、まずはこの中から一つ選んで集中して取り組んでいくといいでしょう。

タケオ

副業ライターの時給目安とは?

では副業ライターでどのくらいの時給が稼げるのかと言えば、1,000円~1,500円は確実に狙えるラインになります。

もちろんライターを始めて最初の1~2ヶ月くらいは時給500円くらいになってしまうと思います。

ただ、そこを気にせずに取り組んでいくと、3ヶ月目くらいには時給1000円を超えてきます。

もちろん文字単価も上がってくるのですが、記事を書くスピードも格段に早くなるので一気に時給を高くすることができます。

時給500円くらいだったらアルバイトをした方がいいレベルかもしれませんが、時給1,500円をコンスタントにライター業で稼げるとしたら、とても割のいい副業と言えるのではないでしょうか?

ちなみに時給1,500円を達成するためには、文字単価1円の案件を請けて、1時間での執筆量を1,500文字以上にする必要があります。

ただ、これは決して高いハードルではなく、数ヶ月続けているライターなら誰でも達成できると考えられます。

稼げるおすすめの媒体3選

ここからは、副業ライターで稼げるおすすめの媒体を3つ紹介していきます。

クラウドワークス

クラウドワークスはオンライン上でクライアントから受注を受けることができるというサービスです。

日本最大級の知名度と規模があるので、ライター案件も非常に充実しています。

また、クラウドソーシングサービスでは業界最大手のため、安心して仕事を請けることができるのも大きなメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては多くの人が利用しているがゆえに、あからさまに低単価の案件募集が公然となされているという点が挙げられます。

特に初心者をターゲットにしている案件が多いので、甘い言葉に惑わされないようにした方がいいでしょう。

ただ、クラウドワークスでは募集時に案件単価が公開されるため、上記のような案件はすぐにはねることが可能です。

私個人の感想では3つの媒体のうち、クラウドワークスが最も稼ぎやすいと思います。

ランサーズ

ランサーズはクラウドワークスと並んで有名なクラウドソーシングサービスです。案件に関しても似たようなものが多いですね。

ただ、正直に言うと、全くの初心者で参入した場合は、案件に応募して採用されるまでにとても苦労すると思います。

私自身がまさにそうで、初案件に採用されるまでにかなり落とされ続けました。その後も実績が少しずつできてきたにも関わらず、相変わらず採用率は低い・・

そのため、私の場合はクラウドワークスのサブ的な位置付けでランサーズを活用しています。

とはいえ全く案件を請けられないわけではなく、クラウドワークスには無いような良案件もあったりするので、できれば両方登録しておくといいでしょう。

サグーワークス

サグーワークスは、テキスト作成やアンケートなどの仕事を請けることができる在宅ワークサービスになります。

こちらは自分でクライアントと交渉する必要がなく、サグーワークスから直接案件を請けられるので、ライティングだけに集中できるというメリットがあります。

また、「プラチナライター」のテストを通過すると文字単価1円の仕事を請けられるようになるので、この段階まで行くとかなり安定的にライター業で稼いでいくことが可能になります。

逆に言うとプラチナライター以外の案件だと文字単価0.3円ほどのものが多く、この場合は副業ライターである程度稼ぐことは難しくなってしまいます。

ただ、サグーワークスでは500文字くらいの案件が多く、スキマ時間にこなせるものがたくさんあります。

そのため、クラウドワークスやランサーズでなかなか案件を請けられない場合などに取り組んでいくといいでしょう。

ライターで収入アップさせる方法

ライターで収入をアップさせていくには2通りの方法があります。

できれば2つを並行して高めていくことによって、副業で作業時間が取れなかったとしても効率よく稼いでいくことができるようになります。

文字単価を上げる

この部分が副業ライターで収益を上げていく上でのキモになってきます。

いくらライティングに慣れてくることによって執筆量を増やすことができたとしても、それには限界があります。

そのため、実績を作ってなるべく文字単価の高い案件に応募していくようにしましょう。

さすがに文字単価2円以上の案件は難しいですが、文字単価1円くらいの案件であれば3ヶ月ほどライティングに取り組んで実績を作っていけば十分に可能です。

執筆スピードを上げる

ライターという仕事の性質上、書けば書くほど稼ぐことができます。

確かに限界はありますが、1時間に1,500~2,000文字ほど執筆することができるようになればかなり時給は上がってくると思います。

たとえ文字単価1円の案件が請けられずに文字単価0.5円だったとしても、1時間に2,000字書ければ時給1,000円。

普通のアルバイト並には副業ライターで稼ぐことが可能になります。

ちなみに執筆スピードを大きく上げるコツですが「まず構成を考える」というのをおすすめします。

面倒くさいと思う人もいるかもしれませんが、まず骨組みである構成を考えてしまうことによって、後やることは肉付けだけになります。

そうすると執筆する上での着地点を把握することができるので、迷うことなくスラスラと記事を書いていくことが可能になります。

私も半信半疑でやってみてビックリするくらい執筆スピードが上がったので、記事を書くときに考え込んでしまうという人は是非試してみてください。

まとめ

ここまで、副業ライターとして稼ぐためのおすすめ媒体について解説してきました。正直、どの媒体でライター案件を請けたとしても収入を上げることは可能です。

そのため、実際に案件を請けてみて、自分にとって取っ付き易い媒体に腰を据えて取り組むのがベストだと思います。

実績がないうちはなかなか案件に採用されるのも難しいと思いますが、ある程度の実績が付いてくると徐々に採用されるようになってきますので、是非コツコツと取り組んでいっていただけたらと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
覆面調査員&ライターです。仮想通貨で作った月5万8千円の借金を返済するため、副業で月7万円ほど稼いでいます。 覆面調査、クラウドワークス、メルカリが得意なのでこれらの記事を書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サラリーマン覆面調査員ブログ , 2020 All Rights Reserved.